FPSで遊ぶならPC?スマホ?PS4?- 各ハード別メリット・デメリットまとめ

FPS, ゲーム

これからゲームを始める人で、ハード選びに悩んでいる方もいるかと思います。

「PCとPS4で迷っている」
「スマホのクオリティも高いから捨てがたい」
「ハード別にメリットやデメリットが知りたい」

こういった人も少なくありません。
今回は、各ハード別の特徴やメリット、デメリットなどを解説していきます。

ゲーミングPC


ゲーミングPCとは、FPSやTPS、MMORPGなどのオンラインゲームに特化したPCです。
一般のPCよりも性能が高く、CPU、GPU性能、画面のグラフィックにおいても、PS4より優れています。FPSをやりこみたいという人は、ゲーミングPCを持っている人が多いです。

メリット

最大限のクオリティで楽しめる

処理性能の高いゲーミングPCであれば、最新のゲームの設定を落とさずに、綺麗なグラフィックが楽しめます。
解像度もPS4では4Kが最大ですが、ゲーミングPCだと最大8Kまで上げることが可能。
PS4では見えない壁の傷や、でこぼこなども鮮明に写し出されているので、ゲームの世界に引き込まれます。

ソフトが安い

ゲーミングPCのソフトは、基本的に安く購入することができます。
「本体価格が高い」というデメリットがあるゲーミングPCですが、今後ソフトを買っていくことを考えれば、PS4よりもお得です。今後ゲームを続けていく人なら買って損はないでしょう。

ソフトが充実している

PCゲームはソフトも充実しています。最新作や人気のゲームは、まずPC版から発売されることも多いです。
人気になればPS4版で発売というケースも珍しくなく、最近では、やっとPUBGのPS4版が発売になったばかり。
また、PS4よりも発売が早いソフトなどもあるので、いち早く最新のFPSを楽しみたい人はゲーミングPCがおすすめです。

オンラインマルチプレイが無料

ゲーミングPCは、オンラインマルチプレイを無料で楽しむことができます。
PS4は有料の「PS Plus」に加入をしていないとオンラインプレイができません。
長期的に見るとPS4よりもゲーミングPCの方がお得と言えるでしょう。

ゲーム以外でも使える

ゲーミングPCは、名前の通りPCとしても使うことが可能です。
また、普通のPCよりも性能が高いため動画編集や重いデータでもサクサク処理をすることが可能。ゲーム以外でパソコンを使うという人は、ゲーミングPCがおすすめです。

デメリット

価格が高い

ゲーミングPCは、安くても10万円以上はするため、初期費用がかかります。
また、モニターなどを買い足していくと20万円は超えてしまうため、予算が足りない人には厳しいかもしれません。
ただ、長期的にみるとお得な面もあるので、奮発して購入するのもありです。

消費電力が高い

ゲーミングPCは、通常のパソコンより性能が高いため電気代が高くなります。
その消費電力は一般のパソコンの2〜3倍と言われており、1日8時間プレイした場合だと約1500円(月額)かかります。
さらに、ハイスペックなPCだと消費電力も上がる可能性もあるため、電気代が気になる方にはおすすめできません。

こんな人におすすめ

FPSのクオリティにこだわりたい人や、最新作をいち早くプレイしたい人におすすめです。

PS4


PS4は、日本のみならず世界で最も人気があるゲーム機として知られています。
全世界で8600万台以上を売り上げており、まさにゲーム機の王様と言ってもいいでしょう。
ゲーミングPCよりも性能は劣りますが、PS4のグラフィックを初めて見た人は、「こんなに綺麗なの?」と驚くほど。
価格もPCの半額以下で購入できるので、FPS初心者には手が出しやすいゲーム機です。

メリット

価格が安い

PS4の本体は約4万円。ゲーミングPCは10万円以上するので、予算が厳しい方はPS4がおすすめ。
ゲーム機の中では最高性能を誇っているので、4万円という値段はコストパフォーマンスに優れています。

動画を簡単に保存できる

PS4のコントローラーにはSHAREボタンがついており、プレイ動画を簡単に録画することができます。
プレイ動画を友達とシェアしたい人や、動画投稿サイトにアップロードしたい人には便利な機能です。

リモートプレイが可能

PS VitaやPS Vita TVを合わせて購入すればリモートプレイが可能になります。
ベッドに寝転んでゲームをしたい人や、出先でゲームを楽しみたい人には嬉しい機能です。

デメリット

ソフトが高い

PS4のソフトは基本的に高いです。PC版で4000円くらいするソフトが、PS4では8000円するとも。
ただ、一つのFPSソフトをやりこむという方は、ゲーミングPCよりもお得にプレイできるでしょう。

マルチプレイは有料課金

FPSの醍醐味とも言えるマルチプレイですが、PS4では月額500円または年5000円の課金が必要になります。
長期的にみるとゲーミングPCを購入した方がお得かもしれません。

こんな人におすすめ

FPSを始めてみたい人や、本格的に楽しむ第一歩として購入する人におすすめです。

スマホ

person taking photo using silver iPhone 5s

スマホでもFPSゲームが流行っています。
荒野行動やPUBG、フォートナイトなど、PCやPS4でも人気のFPSを手軽に楽しむことができます。
必要なのはお手持ちのスマホだけなので、気になるゲームを何種類も試すことも可能。
手軽さで言えば、最も優れたハード機種と言えるでしょう。

メリット

無料でプレイできる

スマホゲーム最大のメリットは、無料でプレイできる点です。
ダウンロードも無料、基本プレイも無料なので、色々なFPSを試してみることも可能。
別途課金がありますが、スキンや衣装の変更だけなので、プレイ自体を楽しみたい人なら問題ありません。

手軽で場所を選ばない

スマホはボタン一つでゲームを起動でき、場所を選ぶことはありません。
外出先の待ち時間でプレイしたり、友達とカフェでプレイなんてこともできます。
スマホ一つなので、荷物が増えることもなく、生活にも支障が出ません。

FPSを始めるきっかけになる

FPSを初めてやるという人には、スマホのFPSで雰囲気を掴んでみてください。
「FPSをやってみたいけど続くか不安」
「PSやPS4にすぐ飽きたらどうしよう」
こういった人は、まずスマホで試してみましょう。
面白かったらPCやPS4を購入してみるのもありです。

デメリット

画面が小さいのでクオリティに欠ける

スマホの画面は小さいので、PCやPS4と比べるとクオリティが低いです。
しかし、年々クオリティも上がってきているので、今後に期待が持てます

操作が難しい

スマホでFPSをするのは少々難しく、指を器用に使って小さい画面で操作しなければなりません。
上手いプレーヤーはタブレット端末などでプレイする人も多く、初心者には慣れるまで時間がかかってしまいます。

ゲームの種類が少ない

スマホのFPSゲームは種類が少ないです。有名なもので言えば荒野行動やPUBG、フォートナイトの3種類が主流で、CODやバトルフィールドなどはプレイできません。
しかし、将来的には様々なゲームがリリースされていくため、今後に期待しましょう。

こんな人におすすめ

FPSをやったことがない初心者や、PCやPS4を始める前に雰囲気を知りたい人におすすめです。

まとめ

FPSをプレイするためには、各ハード別の違いを理解して自分に合ったものを選ぶことが大切です。
今回の記事を参考に、メリット、デメリットを理解しつつFPSゲームを始めてみてください。

FPS, ゲーム