脇のニオイを抑える方法【脇毛を剃るのも効果的】

フィットネス


皆さん、自分の体臭の対策は行なっていますか?
私自身も汗をかいた時にわきの匂いが気になってしまいます。
厚着しているうえに暖房で温かくなる冬に多いんですよね。

今回は

Left Caption

わき くさお

汗をかくと脇が臭くてたまんないんだよねぇ。何とかなんない?

という方に向けて、体臭を抑える方法をまとめたいと思います。

結論から言うと、以下の2点対策を行えば、改善が期待できます。

  1. 脇毛が生えているのであれば、脇毛を剃る
  2. 一般的なスプレータイプの制汗剤ではなく、ロールオンタイプ、もしくはクリームタイプのデオドラント製品を使うと、においを抑える効果が高いため、改善が期待できます。

わきが臭くなる原因

わきが臭くなる原因は、アポクリン汗腺・エクリン汗腺から分泌された汗が皮膚常在菌と結びついて発する腐敗臭と言われています。

実は、アポクリン感染から分泌された汗そのものはは無臭なのです。

汗をそのまま放置すると、嫌なにおいを発するようになります。

ですのて、こまめに汗を拭きとることは短期的ですが、効果的です。

効果が長続きしない対処法

一般的に「わきが」は
・お風呂に入ったり、
・お湯をしぼったタオルなどで体を拭く
ことで匂いが軽減されます。

しかし、この方法だと、人によってはわずか1 時問程度で匂いを発するようになってしまいます。
デオドラント製品などには、殺菌成分が配合されているものがありますので、
効果が長持ちする、ということなんですね。

ですので、デオドラント剤は「朝」に使用するイメージがありますが、
「お風呂上り」の肌が清潔な状態で使用するほうが、より効果的です。

1.脇毛を剃る

脇毛を剃ることで臭いが軽減された、という実験結果が報告されています。

ただし、毛を抜くのはNGです。
毛を抜くことで毛穴や毛根を刺激し、アポクリン腺の働きを強めてしまうことで、臭いが悪化する可能性があります。

実際に私も脇の毛を剃ったとき、においが軽減された実感がありました。
以下の記事で紹介している、「ボディヘアトリマー」を使用して剃っています。

2.デオドラント剤を使う

デオドラント剤とは、汗の分泌を抑え、体臭を防ぐ制汗剤です。
体臭を防ぐために、殺菌剤が配合されています。

腋臭(わきが)を抑えるために作られた商品なので、
効果的な成分が入っており、効果が期待できます。

[豆知識]
「デオドラント」とは、「脱臭剤」という意味があるそうです。

デオドラント剤の種類

デオドラント剤にも多種多様なものが発売されています。
たくさん種類がありますが、ロールオンタイプ、クリームタイプ、スティックタイプのような、
直接塗るタイプの制汗剤のほうが効果を感じやすいため、オススメです。

スプレータイプ

一般的にデオドラント剤といえばスプレーのイメージがあるのではないでしょうか。
汗や匂いがきになるところに直接触れなくてよいと言うメリットがあります。
ところが、ほかの直に塗るタイプの制汗剤と比べると効果が低いとされています。

また、スプレータイプは使用時に音が出てしまいます。
こっそり使いたい時などは向かないかもしれません。

ロールオンタイプ

先端に球体のボールが付いており、直接塗るタイプです。
ちょうどボールペンの先を大きくしたような構造になっています。

手が汚れず、効果も実感しやすいため、オススメです。

ちなみに私もこのタイプを使っています。
塗った日は一日、脇の匂いが不安になることもなく過ごせるので、重宝しています。

スティックタイプ

リップクリームのように、直接塗り付けるタイプの制汗剤です。
こちらも直に塗るタイプであり、匂いを防ぐ効果が高いといわれてます。

クリームタイプ

手で直接クリームを塗るタイプです。
他のタイプのデオドラント製品と比較すると手が汚れてしまうため、
クリームを塗った後には手を洗わなければいけない手間があります。

シートタイプ

シートタイプの制汗剤です。
拭った後、べたつきにくいパウダー入りのものや、メントールを配合されているものもあります。
使用する状況に応じて制汗剤を選びましょう。

個人的にはギャッツビーのシトラス系の香りより、エージーデオ24のシトラス系の香りのほうが好きです。
いつもギャッツビー使っているかたはお試しあれ。

まとめ

今回は脇のにおいを抑える方法について説明しました。
脇毛を剃ることが手軽で実感もあったのでオススメです。
ロールオンタイプ、クリームタイプなどの直接塗るタイプのデオドラント剤がオススメです。

汗をかいたときに脇が臭くなってしまう方は多いようです。
あまりにもひどい方は一度医者に診てもらうことをオススメします。
周りから臭いと思われていると思い込む、「自己臭恐怖症」という病気の可能性も捨てきれませんので、ご注意ください。

脇の臭いが気になって、その場を楽しめないということがないように、ケアを心がけましょうね。